page_top

Brave group、コンテンツ産業の架け橋となるサービスを創り続けるSmarpriseと経営統合

両社の強みを活かし、IP関連事業のビジネス展開を拡大・多角化

株式会社Brave group(本社:東京都港区、代表取締役:野口 圭登、読み:ブレイブグループ、以下「Brave group」)は、メディア事業・エンターテインメント事業等を手掛ける株式会社Smarprise(本社:東京都渋谷区、代表取締役:五十嵐 健、読み:スマープライズ、以下「Smarprise」)と2024年2月1日をもって経営統合し、同社を子会社化することをお知らせいたします。

背景・概要

Brave groupは『世界に、日本の冒険心を』というパーパスを掲げ、『80億の、心をうちぬけ』というミッションのもと、次世代Virtual esportsプロジェクト「ぶいすぽっ!(※1)」やバーチャルミュージックレーベルを擁する「RIOT MUSIC(※2)」などVTuberの総合プロデュースを行うIP事業、バーチャル学園都市「MEキャンパス(※3)」を運営するPlatform事業、ゲームの上達に特化した「CR Gaming School(※4)」を運営するesports事業をはじめ、XR事業、DX事業、Incubation事業と、幅広い領域で複数の事業を展開しています。

この度、Brave groupは、さらなる事業の拡大に向けて、これまで数々のサービスを提供してきたSmarpriseと経営統合を行い、同社を子会社化いたしました。

Smarpriseは『日本を代表するコンテンツ産業の架け橋になる』をパーパスに掲げ、アニメ・マンガ等の公式グッズ・公式ライセンス商品専門ECサイト「colleize(読み:コレイズ)(※5)」やサブスク型グッズ提供サービス「SURPRISE BOX(読み:サプライズボックス)(※6)」等の自社メディア運営事業、IPコラボ施策におけるトータルプランニングを提供する広告代理事業「Rights Organize(読み:ライツオーガナイズ)(※7)」を展開しています。

「colleize」は2021年6月にサービスを開始し、「ここだけでしか手に入らない限定商品」から、大人気ヒット作の商品、定番商品など、公式グッズ・公式ライセンスの商品138,841点以上を取り扱っており、会員数は164,034ユーザーを突破し日々成長しております。(2024年1月18日現在)

日本動画協会の発行する「アニメ産業レポート2023」によると、2022年のアニメ産業市場規模は前年比6.8%増の2兆9277億円と史上最高となっており、対2002年比較では2.67倍の市場規模に成長しています(※8)。そのような成長市場であるコンテンツ産業に関連する事業領域に強みを持つSmarpriseとの経営統合を機に、Brave groupのIPを活用した事業展開やグローバル展開をはじめ、両社の強みを活かした共同事業の開発等、IP事業領域におけるビジネス展開を拡大・多角化し、さらなる成長を目指してまいります。

(※1) ぶいすぽっ!:https://vspo.jp/
(※2) RIOT MUSIC:https://riot-music.com/
(※3) MEキャンパス:https://mecampus.org/
(※4) CR Gaming School:https://cr-gs.jp/
(※5) colleize:https://colleize.com/
(※6) SURPRISE BOX:https://surprisebox.jp/
(※7) Rights Organize:https://rights-organize.jp/
(※8) アニメ産業レポート2023:https://aja.gr.jp/

代表コメント

Smarprise 代表取締役 五十嵐 健

2024年4月より10期目を迎える節目のときに、貴重な提携の話をいただき光栄に思っております。
Smarprise単体での事業成長はもちろんのこと、Brave groupとの事業シナジーおよび新たな領域での新規事業創出が極めて楽しみです。
日本のコンテンツ産業は、本当に世界に誇れる産業だと思っております。
コンテンツをもつBrave groupと、コンテンツを活用してビジネスを作っていくSmarpriseの融合に、どうぞご期待ください!

Brave group 代表取締役  野口 圭登

貴重なご縁があり、SmarpriseがBrave groupにグループインすることを大変嬉しく思っております。
ともに日本発コンテンツの可能性を強く信じてこれまで歩んできましたが、ご一緒させていただくことによって互いの事業が飛躍的に成長し、また、両社の化学反応によって新たな事業を創造していけると確信しています。
80億の心をうちぬくため、Brave groupは今後も冒険を続けます。

Smarprise 提供サービス

colleize

「colleize」は限定商品から大人気ヒット作の商品、定番商品など、公式グッズ・公式ライセンスの商品まで、計138,841点以上を取り扱っており、会員数は164,034ユーザーを突破し成長しております。
公式サイト:https://colleize.com/
公式X:https://twitter.com/colleize

SURPRISE BOX

「SURPRISE BOX」はサポーターの気持ちをカタチとして定期的にお届けする、サブスク型グッズ提供サービスです。ここでしか手に入らない、限定デザインのアイテムを中心にお届けします。
公式サイト:https://surprisebox.jp/
公式X:https://twitter.com/_surprisebox_

Brave group 経営統合について

Brave groupはこれまで、株式会社バーチャルエンターテイメント、MateReal株式会社、Geek Hive株式会社、株式会社LaRa、株式会社ディーワンと経営統合を行いました。
Smarpriseとの経営統合を以て6社目となり、グループ会社数は16社となります。
今後も積極的に、国内外で経営統合や業務提携を行い、唯一無二の日本発コングロマリット企業を目指して参ります。

▼参考プレスリリース

・メタバース領域で事業を展開するBrave groupが、事業拡大及びグローバル展開を見据え13.7億円の資金調達を実施。累計調達額は23億円に。(2022年6月7日)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000092.000044525.html
・Brave group、企業のDXを支援するITパートナーGeek Hiveと経営統合(2023年7月3日)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000209.000044525.html
・Brave group、バーチャルアーティスト「HIMEHINA」運営のLaRa社と経営統合(2023年10月31日)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000243.000044525.html
・Brave group、XR・3DCGアニメーション領域で20年以上の歴史と実績を誇る株式会社ディーワンと経営統合!子会社MetaLabの新経営体制も発表(2023年11月1日)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000244.000044525.html

■採用情報

Brave groupのグループ従業員数は2024年2月1日時点で277名(昨対比318.4%)、グループ会社数は16社と、事業・サービスの多角化とともに組織も拡大しておりますが、さらなる事業の拡大に向け引き続き積極的な採用活動を行っております。
応募中の職種は、下記の求人一覧ページからご確認ください。
https://recruit.bravegroup.co.jp/recruit-information/

関連記事

記事一覧